注意したいポイント

脚

無理をしないことが大切

寝ころびながら足をパカパカと、開いたり閉じたりするだけで足痩せ効果を得られる、足パカダイエットは手軽なダイエット法として人気です。ただ、足パカダイエットを行う際には、いくつか気を付けておきたいポイントもあるので、前もってチェックしておくと良いでしょう。足パカダイエットは基本、ひざを伸ばして行うのが基本スタイルで、曲っていると筋肉に負荷がかからず、思ったような足痩せ効果を得られません。ですので、できるだけひざを曲げないよう、足は真っ直ぐに伸ばした状態で、足パカダイエットは行うのがおすすめです。また、筋肉痛を起こしたら症状が回復するまで、トレーニングはお休みするという点も、守りたいポイントと言われています。筋肉痛はトレーニングによって筋肉が損傷を受けると起こる症状で、この時はトレーニングよりも、筋肉の修復を促す必要があります。無理をせずに筋肉痛のような痛みを感じたら、数日間や足パカダイエットをお休みして、筋肉の修復を促しましょう。より足痩せの効果を得たいからと足を思いっきり開く人もいますが、開き過ぎは股関節に負荷がかかってしまい、痛みを感じる恐れがあります。足パカダイエットは股関節を傷めないよう、両足をあまり広げ過ぎないようにうるのが、基本となるトレーニング法です。また、股関節だけでなく腰にも痛みを感じるようなことがあれば、一旦足パカダイエットは休んで、痛みが出ないスタイルで行うようにしましょう。

Copyright© 2018 今注目のダイエット【運動が苦手な人でもチャレンジできる】 All Rights Reserved.